ブルーフォレスト集合場所

ブルーフォレスト

池間島倉庫

〇池間島サービス:
シャワー、着替え、ログ付けなどはこちらにて行っております。

 〒906-0421
 沖縄県宮古島市平良字池間63

〇宮古島事務所:
事務および配送物の受け取りなどはこちらにて行っております。

 〒906-0012
 沖縄県宮古島市平良字西里1468-2-A302

TEL: 090-4090-3334

MALE:sea@miyakoblue.com

OPEN: 7:00~20:00 不定休

宮古島

池間大橋

 宮古諸島は東京から南西へ約2000km沖縄本島からも約300km離れた海に浮かぶ島々です。
 現在はそのうち宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島の5島が橋でつながり、その他に宮古島のすぐ北東に神の島とあがめられる大神島、宮古島からはるかに離れ、石垣島との中間に浮かぶ多良間島、水納島があります。
 島は多くが平坦でどの島にも用水路以上の川はなく市街地から離れるとサトウキビとサンゴの海に囲まれたのどかな風景の続く島々です。
 最近は伊良部大橋という日本で一番長い無料の橋がかかり市街地付近は特に活性化し、スーパーや病院、量販電気店やコンビニなど、暮らすうえで離島と感じない便利さがあり、多くの観光客が訪れて移住される方も多くいます。
 島ではバスなど公共の交通機関が少なく、旅行に来られた方はほとんどがレンタカーを借りての観光となります。

八重干瀬、やびじ

八重干瀬

八重干瀬は近年「やびじ」とよみが統一されました。宮古島の北にある池間島、さらにそこから北へ船で数キロ沖に出たところから大小100個ほどのサンゴ礁が南北で約16km東西約6kmほどの広さに密集している大サンゴ礁帯です。
夏場の大潮の干潮時にはその多くの瀬の上部が浮かび上がり、その景色から「幻の大陸」とも言われています。
それぞれの干瀬には名前が付けられていますが、「キジャカ」、「フガウサ」、「ドゥ」など現在ユネスコの絶滅危惧言語に指定されている宮古の言葉(みゃーくふつ)で呼ばれ、琉球王国から続く人々の海へのかかわりを感じさせます。

伊良部島、下地島

通り池

伊良部島は宮古島から3キロほど西に離れた島で、伊良部と下地島とは細い水路のような海で数メートルほど分かれた隣り合った島でほぼ2島で一つの島です。
宮古島と伊良部島は現在橋で結ばれ、2島を結ぶ伊良部大橋は「日本で一番長い無料の橋」、「青く透き通る海にかかかる橋」として知られ観光客の絶えないポイントとなっています。
また、伊良部・下地周辺の海中には地形ポイントと呼ばれる水中のアーチやクレバス、トンネルなどが多く、雑誌などにしばしば取り上げられる「通り池」、「魔王の宮殿」、「アントニオガウディイ」「L字アーチ」など多くのダイバーが憧れるいつか行ってみたいポイントが多数存在します。

BlueForest宮古島・平本海事代理士事務所 Design by http://f-tpl.com